1
2
please try again.

太陽光発電所の発電量に影響を与える主な要因はなんですか?

  • カテゴリ:新着情報
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2021-11-17 10:47
  • PV:

【概要の説明】太陽光発電システムの発電量に大きな影響を与える要因は

太陽光発電所の発電量に影響を与える主な要因はなんですか?

【概要の説明】太陽光発電システムの発電量に大きな影響を与える要因は

  • カテゴリ:新着情報
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2021-11-17 10:47
  • PV:

 

発電量は太陽光発電所の要であり、同じ容量の発電所でも発電量が大きく異なる場合があります。

発電量の違いはどのように生まれたのですか? システムの発電に大きな影響を与える要因は何ですか?

 

01-太陽光発電モジュールが唯一の発電源です

 

 

  「无い袖は振れぬ」、発電量をインバーターの仕事と考えている人は多いです。実際、ソーラーモジュールが唯一の発電源です。

 

  ソーラーモジュールは、太陽光から放射されたエネルギーを光起電力効果によって測定可能なDC電気エネルギーに変換し、その後の

変換出力を取得して、最終的に発電量と収入を取得します。モジュールがないと、モジュール容量が不十分だと、インバーターは空気を電気

エネルギーに変換できないため、最高のインバーターでさえ何もできません。 したがって、適切で高品質のソーラーモジュールを選択する

ことは、発電所への最良のギフトであり、長期的な安定した収入の効果的な保証でもあります。

 

    ストリングの設計は非常に重要です。同じ数のソーラーモジュールが異なるストリング方法を採用している場合、発電所のパフォーマンスは

異なります。 三相インバーターの定格動作電圧は一般的に400Vー600Vです。ストリング電圧が低いと、ブースト回路が頻繁に動作し、効率に

一定の影響を及ぼします。 20KWインバーターを備えた56枚445Wp単結晶ソーラーモジュールを例にとると、ストリング方式②の発電量は

ストリング方式①の発電量よりも高くなります。

                                           

 

02 ソーラーモジュールの敷設と設置は非常に重要です

 

 

  同じ設置場所で同じモジュール容量、モジュール設置の向き、配置、傾斜、および障害物があるかどうかはすべて、出力に重要な影響を

及ぼします。一般的な傾向は南向きに設置することです。実際の建設では、屋根の元の状態が南向きでなくても、多くのユーザーは架台を

調整してモジュール全体を南向きにして、全体により多くの光を受け取るようにします。より多くの太陽光放射を受け取ることは最終の目的です!

 

  原則として、緯度地域が異なると、モジュールの設置傾斜角は現地の緯度値に近いか大きい必要がありますが、実際の状況に基づいている

必要があり、機械的にインストールすることはできません。屋根の負荷、耐風性、その年の雨、雪と風、およびその他の気候要因を考慮する

必要があります。屋上発電所が大きい場合は、傾斜角を小さくすることをお勧めします。

 

  また、さまざまな障害物が発生する可能性があるため、ソーラーを設置する際には常に回避する必要があります。障害物は、発電に影響を

与える最大のキラーであるとさえ言えます。ストリング内のモジュールの半分だけが影されている場合、電流はほとんどありません。

したがって、インストール段階で明らかなまたは潜在的なブロッキングを回避するようにしてください。

 

 

03-グリッドの変動要因を無視してはならない

 

 

 

  「グリッド変動」とは?つまり、電力網の電圧値や周波数値が頻繁に変化しすぎて、駅周辺の負荷電源が不安定になります。一般に、

変電所は多くの地域で電力負荷を供給しなければならず、一部の端子負荷は数十キロメートルも離れているため、送電線で電力損失が発生する

ため、変電所の近くの電圧はより高いレベルに調整されます。これらのエリアのグリッドに接続されている太陽光発電所は、AC側の電圧が

高すぎるために、システムが待機状態になっている可能性があります。または、リモート統合された太陽光発電システムが低電圧による

システム障害のために動作を停止している可能性があります。

 

  太陽光発電システムの発電量は累積値です。発電所が待機中または停止している限り、発電量を累積することはできず、その結果、発電量

が減少します。同時に、近年、太陽光発電市場は引き続き活況を呈しており、元々主電源電圧が正常であった地域では、同じ地域の太陽光発電

システムの容量が大きすぎて、太陽光発電の電圧が上昇しました。これらの太陽光発電システムは、送電網の変動の問題にも直面しています。

グリッドの変動の最も直感的な結果は、発電曲線の頻繁な変動であり、発電時に出力がないため、円滑な発電曲線を持つ発電所と比較して、

発電量は必然的に少なくなります。

 

キーワード:

ニュース

上一页
1
2
...
4
Bluesun
Bluesun
Bluesun
Bluesun
Bluesun

関連リンク

著作権所有:ブルーサン ソーラー 株式会社